缶バッチ制作はイベントや販促ビジネスなどに幅広く活用されている

缶バッジ

缶バッチを制作する際のデザインについて

黄色のバッジ

缶バッチを制作する際には、そのデザインが重要になってきます。少しでも満足のいく缶バッチが制作できるように、しっかりと頭の中でイメージを膨らませておきましょう。缶バッチのデザインの制作の仕方は、依頼する業者によって違ってきます。それぞれにテンプレートが用意されているので、それに沿って作成していきます。
写真や手履きのデザインを缶バッチにすることもできます。写真の中の缶バッチにしたい部分を丸で囲み、業者に送ります。業者から出来上がりイメージが届くのでそれで良ければデータが確定します。手書きの場合は、絵をスキャンして画像データとして送ります。内容を業者が確認後、データ作成料金を含む見積もりが送られてくるので、よければデザインが作成されてきます。愛犬や子供の写真を缶バッチにしたいという人や、業者のテンプレートでデザインを作成するのは難しく感じたり面倒な人にもいいかもしれません。
缶バッチのデザインは、自分が思い浮かべるような納得のいくものができるまで、妥協せずにじっくりと考えましょう。その作業が缶バッチの出来上がりに大きく関わってきます。そうやって制作した缶バッチは、きっと満足のいく唯一無二のものになるはずです。